【徹底調査】ソフトバンク光の違約金負担(あんしん乗り換えキャンペーン)をわかりやすく解説!手続きや必要書類は?

ソフトバンク光では、違約金負担をしてもらえる「あんしん乗り換えキャンペーン」が実施されています。
ですが、条件や手続き方法については、わかりにくいですよね。
そこで、このページでは、あんしん乗り換えキャンペーンについてわかりやすく解説!

負担してもらえる範囲や受け取り時期など、詳しく解説します。
また、その他のお得なキャンペーンについても紹介しています。
これから申し込みしたい人や違約金負担キャンペーンについて疑問がある方は、ぜひご覧ください。

あんしん乗り換えキャンペーンとは?

ソフトバンク光のあんしん乗り換えキャンペーンは、次の違約金を満額負担してくれるキャンペーンです。

・他社を解約する時に発生する解約金
・撤去工事費
・他社のモバイルブロードバンド端末の残債

お得なのは間違いありませんが、最高金額が決められているおり、最大で10万円分までとなっているので、注意しましょう。

ちなみに「本当にもらえるの?」「詐欺じゃないの?」と、不安に思う人もいるかもしれませんが、このキャンペーンはソフトバンクが主体となっているので、これについては安心して大丈夫です。

しかも一定の条件が決められているので、採算が合うように作られています。
逆にいえば、これから紹介する条件を把握していないと、違約金を負担してくれません。
キャンペーン利用したい方は、詳しい条件も把握しておきましょう!

条件は?

あんしん乗り換えキャンペーンでは、条件に当てはまらないと、違約金を負担してくれないのは確かです。
しかし、条件はそこまで難しいものではなく、安心して申し込みできる内容となっています。

基本的な条件
・キャンペーン期間内に新規でソフトバンク光に申し込む
・申し込みをした時に他社のインターネット回線を利用している
・申し込みをして180日以内に課金が開始されている
・課金が開始されて5ヵ月目の末日までに利用を開始している

これらの条件がそろわないと、違約金負担をしてくれません。
またこれらに加えて課金が開始されて5ヶ月以内に、次の条件もクリアしていないといけないので注意しましょう。

課金開始から5ヶ月末日以内に達成しないといけない条件
・違約金が発生している証明書の提出を済ませておく
・証明書に記載された契約者が、キャンペーンの申し込み者が本人か、家族の名前になっている事
・支払い方法の登録をソフトバンク、またはワイモバイル携帯合算・クレジットカード・口座振替を選んで、完了させている事
・毎月の利用料金を期日までに入金を完了させておく

少し条件が多いですが、簡単にまとめると次のようになります。

簡単まとめると・・・?
・新規でソフトバンク光に契約
・他社インターネット回線の違約金証明書を提出
・課金開始から5ヶ月末日までに、必要書類と支払い方法を完了させておく

あまりよくわからない人は、「課金開始から5ヶ月末日以内の条件」を、特に忘れないようにしましょう。
この期日までに、証明書や支払い方法の選択を完了させておき、利用料金も入金させておけば大丈夫です。

キャンペーンの適用範囲は?

上記の条件をしっかりクリアできれば、光回線の違約金をソフトバンク光が負担してくれます。

ところが、かかった費用を何でもかんでも負担してもらえるというわけにはいきません。
次の範囲内に入っていないと、キャッシュバックの対象にならず、損をしてしまう可能性があるので確認しておきましょう。

違約金負担をしてもらえる範囲 ・光回線の撤去費用
・  解約時に発生する違約金
・ フレッツ光を除く工事費の残債
・ モバイルブロードバンド回線の解除料金
・ 他社転用で発生するプロバイダ解除料金
・ 電話やテレビの撤去料金
違約金負担をしてもらえない範囲 ・  光回線を解約せずに発生する料金
・  オプションで発生する分割残債
・  元の光回線のプラン変更手数料
・  転用した際に発生する工事費残債
・モバイルブロードバンド端末の分割残債
・ソフトバンク系列の解除料金

基本的にソフトバンク系列以外のサービスで発生する違約金を、負担してくれるキャンペーンだと思っておきましょう。
つまりソフトバンク系列の違約金などは、支払いの対象外となります。

また解約で発生する違約金や、光回線の撤去工事に関する料金を負担してくれるキャンペーンです。
元の光回線で発生するオプションの月額料金や、プラン変更の料金も負担してくれません。

また、転用に関してかかった工事費残債も、対象外なので注意してください。

スマホやケータイの違約金も負担してもらえる?

あんしん乗り換えキャンペーンとは別に、じつはソフトバンク光には、違約金負担をしてくれるキャンペーンがあります。
それが「おうち割 光セット スタートキャンペーン」です。

このキャンペーンを利用すれば、他社のスマホを解約した際に発生する違約金を負担してもらえます。
還元方法は、毎月の月額料金から、違約金分を割引する形になっています。

ただし、3つのオプション加入(合わせて500円/月)が必要な「おうち割 光セット」というプランに加入しないと、違約金を負担してくれないので注しましょう。
それでも違約金を節約できるので、お得にソフトバンク光を契約したい人におすすめです。

キャッシュバック額の詳細

違約金を負担してくれるソフトバンク光のキャンペーンでも、いくら費用がかかったか?によって、もらえる金額が決められています。
以下で紹介していますので、ご自身の場合いくらもらえるのか?確認してみてください。

違約金・工事費の合計 キャッシュバックの金額
1円~1,000円 1,000円
1,001円~2,000円 2,000円
2,001円~3,000円 3,000円
3,001円~4,000円 4,000円
4,001円~5,000円 5,000円
5,001円~6,000円 6,000円
6,001円~7,000円 7,000円
7,001円~8,000円 8,000円
8,001円~9,000円 9,000円
9,001円~10,000円 10,000円
10,001円~11,000円 11,000円
11,001円~12,000円 12,000円
12,001円~13,000円 13,000円
13,001円~14,000円 14,000円
14,001円~15,000円 15,000円
15,001円~16,000円 16,000円
16,001円~17,000円 17,000円
17,001円~18,000円 18,000円
18,001円~19,000円 19,000円
19,001円~20,000円 20,000円
(以下略)
90,001円~91,000円 91,000円
91,001円~92,000円 92,000円
92,001円~93,000円 93,000円
93,001円~94,000円 94,000円
94,001円~95,000円 95,000円
95,001円~96,000円 96,000円
96,001円~97,000円 97,000円
97,001円~98,000円 98,000円
98,001円~99,000円 99,000円
99,001円~100,000円 100,000円

違約金を計算して、その合計額を1,000円単位でキャッシュバックの金額が決められます。

表が長くなってしまうため、間の表が書かれていませんが、その間の金額も同様にキャッシュバックしてもらえるので安心してくださいね。

キャッシュバックの方法は?

ソフトバンク光の違約金を負担してもらえるキャンペーンは、現金でキャッシュバックしてもらえるわけではありません。
ゆうちょ銀行や郵便局で取り扱いされている、郵便為替を使います。
郵便為替は、次のような流れで現金を換金する仕組みです。

1. 支払いの開始6か月後に郵便為替が到着
2. 郵便為替と印鑑を持って郵便局(またはゆうちょ銀行)へ行く
3. 貯金窓口で渡すと現金がもらえる

このような流れで郵便為替から、現金に換えられるので、覚えておきましょう。

ちなみに郵便為替を換金する際は、運転免許証などの本人確認書類と印鑑が必要です。
本人確認書類が必要なのは、「10万円を超える場合」とされていますが、念のために持って行くと安心できるでしょう。

また発効日から6ケ月で有効期限が切れてしまうので、注意してください。

キャッシュバックはいつもらえる?

違約金を負担してくれるソフトバンク光のキャッシュバックは、誰でも早くもらいたいでしょう。
そこで受け取り時期が気になる人のために、具体的にキャッシュバックがいつのなるのか、例を挙げて紹介します。

もともとソフトバンク光のキャッシュバックは、回線が開通されて、6ヶ月目の下旬に発送するようになっているはずです。
つまり5月にソフトバンク光が開通したら、11月の下旬に郵便為替を発送してくれます。

キャッシュバックの発送時期の例

ソフトバンク光の開通時期 発送時期
2019年1月10日 2019年7月下旬
2019年7月5日 2020年1月下旬
2019年9月18日 2020年3月下旬

6ヶ月目の下旬となると、キャッシュバックの存在を忘れてしまうので、到着日をある程度把握しておきましょう。
そして郵便為替が来たら、すぐに郵便局(またはゆうちょ銀行)へ持って行くのがおすすめです。

キャッシュバック受け取りまでの流れ

ここまでソフトバンク光の違約金負担について、紹介してきました。
しかし結局どうやってもらえばいいのか、よくわからなかった人もいるでしょう。

そこでキャッシュバックをもらうための、大まかな流れを紹介するので参考にしてみてください。

ステップ1:ソフトバンク光に新規で申し込む
転用で申し込むとキャンペーンの対象外となります。

ステップ2:申し込みから180日以内に課金を開始
通帳などにお金があるのを確認しておきましょう。

ステップ3:違約金や工事費などが発生した証明書を5ヶ月以内にアップロード
証明書とソフトバンク光の契約者が、同じ名前か確認してください。
また利用料金がしっかり完了できたら、チェックするのも重要です。

ステップ4:キャンペーンの適用を受けて6ヶ月後に郵便為替を発送
発送後6カ月で有効期限が切れるので、到着後にすぐゆうちょ銀行に行きましょう。

申し込みからキャッシュバック受け取りまで、半年以上かかるので、キャッシュバックの存在を忘れないようにしましょう。

必要な書類は?

ソフトバンク光で違約金を負担してもらうためには、必要な書類を揃えないといけません。
その書類とは「他社サービスの回線撤去費用/解約料が確認できる書面」です。

つまりソフトバンク光に契約する前に利用していた、光回線の違約金の請求書などを用意しましょう。
よくわからない人は、次の情報が書かれている書類だと大丈夫ですので、確認してみてください。

・お客様の氏名
・以前利用していた光回線サービス名
・違約金や解除料金、撤去工事費などの項目と料金

もしこのような書類が見つからない時には、以前利用していた光回線サービスに連絡してみましょう。
再発行してもらえる可能性があります。

証明書貼り付けシートの書き方・返送方法の詳細

上記で紹介した必要な書類を用意できたら、証明書を貼り付けシートを用意し、ソフトバンク光に返送しましょう。

もちろん貼り付けシートに書類を貼り付けるだけでなく、必要事項を書き込んで、書類を提出する必要があります。
「郵送」と「アップロード」の2種類の方法があるので、参考にしてみてください。

郵送の場合

証明書を郵送する場合は、証明書貼り付けシートに書類を貼り付けて、必要事項を記入しないといけません。
貼り付けシートの種類によっても、記入する内容も変わってくるので注意しましょう。

右上に何もコードが書かれていない書類は、次の項目を記入します。

右上にコードが書かれていない場合
・ソフトバンク光の契約者名
・利用している住所
・登録した電話番号
・契約後に届いたカスタマーID(14桁)
・証明書を貼り付け

貼り付けシートの右上に「MO」と書かれた貼り付けシートは、店舗で受け取った場合と、郵送で受け取った場合でも書き方が違います。

右上に「MO」と書かれた書類を店舗でもらった場合
・ソフトバンク光の契約者名
・利用している住所
・登録した電話番号
・契約後に届いたカスタマーID(14桁)
・他社の光回線に違約金などを支払いしたかチェック
・条件を確認したかチェックを入れて証明書を貼り付け

右上に「MO」と書かれた書類を郵送でもらった場合
・他社の光回線に違約金などを支払いしたかチェック
・条件を確認したかチェックを入れて証明書を貼り付け

次に貼り付けシートの右上に、「SN東」と書かれた書類です。
これらも少し書き方が違うので、確認しておきましょう。

右上に「SN東」と書かれた書類に場合
・ソフトバンク光の契約者名
・利用している住所
・登録した電話番号
・契約後に届いたカスタマーID(14桁)
・条件を確認したかチェックを入れて証明書を貼り付け

「SN西」と右上に書かれた書類も、店舗でもらった場合と、郵送でもらった場合で書き方が違います。
書き方を間違えないように、確認しておいてください。

右上に「SN西」と書かれた書類を店舗でもらった場合
・ソフトバンク光の契約者名
・利用している住所
・登録した電話番号
・契約後に届いたカスタマーID(14桁)
・条件を確認したかチェックを入れて証明書を貼り付け

右上に「SN西」と書かれた書類を郵送でもらった場合
・利用している住所
・登録した電話番号
・条件を確認したかチェックを入れて証明書を貼り付け
・引越しでソフトバンク光を利用し始めた人は、条件を確認して必要書類を貼り付け

引越し先でソフトバンク光を利用する人は、公共料金請求書など、引越し前の住所がわかる書類を用意し、次の3つの項目が記載されているか確認してください。

・お客様の氏名
・引越し前の住所
・発行日

これを貼り付けシートに添付してから、郵送すれば完了です。

アップロードの場合

サイトへアップロードしても、証明書を提出できます。
用意する証明書は、次のようになっているので確認しておきましょう。

・光回線撤去費用・解約料金がわかる請求書
・他社サービスの利用、解約が確認できる請求書や解約証明書

これらを用意したら、次に証明書をアップロードしてください。
アップロードの方法は、スマホとパソコンではそれぞれ違うので注意しましょう。

スマホからのアップロード
1. My Softbankにログイン
2. 「ファイルを選択/カメラを起動」をタップ
3. 「写真を撮る」をタップ
4. 証明書をカメラで撮影
5. 「写真を使用」をタップ
6. 「書類を送信する」をタップ

パソコンからのアップロード
1. My Softbankにログイン
2. 撮影・スキャンした証明書のファイルをアップロード部分にドラッグアンドドロップ、もしくは「ファイルを選択で」証明書ファイルをクリックして選択
3. 「書類を送信する」をクリック

写真で証明書を撮影する場合は、ピントをしっかり合わせて、必要項目が見えるようにしてください。

判定結果はSMSで送信されるので、記載されたURLからログインして、書類の不備がないか確認すれば完了です。

証明書の発行方法

ソフトバンクの違約金を負担してもらうためには、証明書が必要です。
ところが証明書が手元にない場合は、自分で発行手続きをしないといけません。

その発行方法について紹介するので、もし手元に「違約金・撤去費用証明書」など、証明できる書類がない場合は参考にしてみてください。

ほとんどの光回線では、会員ページから発行ができるようになっています。
ユーザーIDやパスワードを用意しておく、ログインしてから、証明書の発行などの項目を見つけてみましょう。

しかしたまに違約金・撤去費用証明書の発行方法が、発行できないサービスも存在しているので注意しましょう。
この場合は請求明細書といわれる書類が、違約金・撤去費用証明書の発行方法の代わりになります。

次の発行方法はso-netを例にしていますが、これを参考にしてみてください。

1. ユーザーIDとパスワードを入力
2. 会員ページへログイン
3. 「ご請求料金の確認」をクリック
4. 「支払い状況一覧へ」をクリック
5. ご請求明細」欄にある「明細」をクリック
6. 「印刷用ページを表示」をクリック
7. 明細書が表示されたら、右クリックで「印刷」をクリック
8. プリンタの設定などを確認して印刷開始

これで証明書を発行できました。

この作業が難しいのなら、以前契約していた光回線サービスに、電話で問い合わせをしてみるのもおすすめです。

キャッシュバックが遅い・届かない時の対処法は?

正しく申し込みができて適用されれば、少なくとも6ケ月後に郵便為替が発送されて、キャッシュバックが受け取れます。
ところがなかなかキャッシュバックが届かない場合もあるそうです。

公式サイトでも記載があるように、特典が遅れる場合があると書かれています。

特典の発送は遅れる場合がございますのでご了承ください。
引用元:SoftBank公式ホームページ

そこで予定より遅いと感じたら、ソフトバンクに問い合わせをしてみましょう。
このキャンペーンの主体は、ソフトバンクになっているので、気にせず相談してみてください。

その他のお得なキャンペーン

ソフトバンク光には、違約金負担のキャンペーンだけでなく、大きく分けて2つのキャンペーンもやっています。

・乗り換え新規でキャッシュバック/値引きキャンペーン
・おうち割光セット

また代理店から申し込むと、さらにお得なキャンペーンも多いので、損をせずにソフトバンク光に契約したい人は参考にしてみてください。

SoftBank 光 乗り換え新規でキャッシュバック/割引きキャンペーン

乗り換え新規でキャッシュバック/割引きキャンペーンは、他社の光回線サービスから、新規でソフトバンク光に申し込むとお得に契約できるキャンペーンです。

このキャンペーンを適用すると、次のどちらかの特典を選択することができます。

・最大で24,000円のキャッシュバックがもらえる(郵便為替)
・月額利用料から1,000円分割引を24ヶ月間継続

こちらも違約金負担のキャンペーンと同様に、証明書を提出しないといけませんが、キャンペーンの併用は可能です。

用意する書類がほとんど同じなので、申し込む価値があるキャンペーンです。

ちなみに工事費をお得にするキャンペーンのため、回線工事費が発生しない場合は、適用の対象外となります。

おうち割光セット

おうち割光セットは光回線とスマホを、セットで利用すればお得になるキャンペーンです。

どれくらいお得になるかというと、毎月の支払いが最大で1,000円も安くなるのが2年間も続くため、合計で24,000円もお得になります。
ちなみに割引額は次のプランによって違うので、確認しておきましょう。

対象プラン 割引額
データプラン50GB+/データプランミニ 1,000円
データ定額 50GBプラス/ミニモンスター 1,000円
データ定額 50GB/20GB/5GB 1,000円
・ データ定額(おてがるプラン専用)
・  データ定額ミニ 2GB/1GB
・  データ定額(3Gケータイ)
500円
・ パケットし放題フラット for 4G LTE
・  パケットし放題フラット for 4G
・  パケットし放題フラット for スマートフォン
・ パケットし放題MAX for スマートフォン
・  4G/LTEデータし放題フラット
・  4Gデータし放題フラット+
1,000円
・パケットし放題フラット for シンプルスマホ
・(iPad 専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G LTE
・(タブレット専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G
500円

ソフトバンク光を利用して、このキャンペーンを利用する場合は、3つの指定オプション(合わせて500円/月)に加入する必要があるので注意しましょう。

お得に申し込むなら、代理店キャンペーンがおすすめ

上記で紹介してきたキャンペーンは、確かにお得なものですが、さらにお得にする方法があります。
それが代理店を通して、ソフトバンク光を契約する方法です。

じつはソフトバンク光の代理店は、独自でキャンペーンを打ち出しているところもあります。
その中には契約するだけでキャッシュバックが受け取れるものなど、条件が簡単なものも数多くあるのでおすすめです。

これから契約される場合は、ぜひ代理店からソフトバンク光を契約してみてください。
もちろん中には悪質な代理店もあるので、選び方には注意しましょう。

まとめ

今回は、ソフトバンク光の「あんしん乗り換えキャンペーン」について、詳しく紹介しました。

お得にするためには証明書などの準備物が必要ですが、正しく提出できれば最大で10万円もお金が返ってきます。
しかも、ソフトバンクが主体となったキャンペーンなので、安心して利用できますよ。

また、その他にもソフトバンク光には、お得になるキャンペーンがたくさんあるので、うまく活用するのがおすすめです。

これからソフトバンク光に契約される方は、よりお得にするために、代理店を通してソフトバンク光を契約することも、検討してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました