【徹底調査】ソフトバンク光の工事費はいくら?工事費実質無料キャンペーンで0円にする方法も解説

「ソフトバンク光の工事費って結局いくらなの?」今、あなたはこんな疑問を抱えているのではないでしょうか?
ソフトバンク光のホームページを見ても、結局自分の場合いくらになるのか、わかりにくいですよね。
そこで、このページではソフトバンク光の工事費について徹底調査!
工事費が実質無料になる「工事費サポートキャンペーン」の条件や手続きについても詳しく解説します!
工事費用とキャンペーンについて理解し、スムーズに開通できるようお手伝いができれば幸いです。

ソフトバンク光の開通工事費と初期費用

ソフトバンク光の工事は、「立ち合い工事」・「室内工事のみ」・「立ち合い工事なし(無派遣工事)」の3つに分かれています。
どの工事を実施するかは、光ファイバーをどこから引いてくるかによって左右されるので、家に業者が入るのに抵抗のある方は注意しましょう。

例えば、「立ち合い工事」が必要なのはNTT光回線を開通したことがない場合です。
戸建ての場合、電柱から光ファイバーを引いて、室内の終端装置につなげる必要があります。
マンションの場合も、マンション共用部に光ファイバーとつなげられる「接続装置」が置かれていない場合は、室内と屋内両方の「立ち合い工事」が必要です。
一方、NTT光回線を以前使ったことがある戸建ての場合や、マンション共用部に「接続装置」がすでに設置されている場合は、「室内工事のみ」でソフトバンク光を開通できます。

また、フレッツ光から乗り換える「転用」の場合は、工事をする必要がないので「立ち合い工事なし(無派遣工事)」で利用可能です。
モデムもそのまま使えるので、買い替えの必要もありません。

工事の種類 対象者
立ち合い工事 ・戸建ての場合:

NTT光回線を開通したことがない場合

・マンションの場合:

マンション共用部に「接続装置」が置かれていない場合

室内工事 ・戸建ての場合:

NTT光回線を以前使ったことがある場合

・マンションの場合:

共用部に「接続装置」がすでに設置されている場合

立ち合い工事なし(無派遣工事) フレッツ光から乗り換える「転用」の場合

※「接続装置」とは、屋外から引いてきた光ファイバー線と、屋内の光ファイバー線とをつなげられる装置のことを指します。

●工事費一覧表

工事内容 工事費
立ち合い工事 24000円
室内工事のみ 9600円
立ち合い工事なし(無派遣工事) 2000円

※転用の場合は工事費が無料になります。

なお、土日祝日に工事をする場合は、工事料金にプラス3000円されるので、都合のつく方は平日に開通工事を申し込むのがおすすめです。
また、工事費とは別に、契約事務手数料として3000円かかります。

テレビの工事費用

ソフトバンク光テレビに加入すると、ネット回線経由で「地上デジタル放送」「BSデジタル放送」を受信できるようになるサービスです。
セットトップボックスなどの機材を置かずに視聴できるので、工事の手間もカットでき、アンテナを立てないので天候にも左右されず常に綺麗な映像を映せます。

●ソフトバンク光テレビの料金表

月額料金 660円

(内訳:テレビ伝送サービス利用料:450円、テレビ視聴サービス登録料300円)

テレビ視聴サービス登録料 2800円(転用の場合も2800円)

光電話の工事費用

ソフトバンク光電話の工事費は、ソフトバンク光の申し込み方法と、現在利用している固定電話によって異なります。
以下にソフトバンク光電話の工事費用をまとめたので参考にしてください。

対象者 現在利用中の固定電話 工事費
ソフトバンク光に「新規」で申し込む場合 なし 1000円〜2000円
NTTアナログ電話/他社光電話 3000円 ~ 4000円
ソフトバンク光に「転用」で申し込む場合 なし 2000円
NTTアナログ電話/他社光電話 7500円 ~ 10000円
ソフトバンク光に「事業者変更」で申し込む場合 なし 無料
NTTアナログ電話/他社光電話/NTTのひかり電話 無料
光電話(N)を利用中で、オプションサービスを申し込む場合 光電話(N) 「無派遣工事費」1000円

+各オプションサービスの料金700〜1000円

※NTTアナログ電話から切り替えの場合、「回線休止工事費」として、以上の工事費用とは別に2000円をNTTへ支払う必要があります。

工事費に関する注意点

ソフトバンク光の工事は、工事立会いのタイミングによって料金が上がったり、支払い方法によって請求時期が前後したりします。
スムーズに開通できるよう、以下の点に注意しましょう。

土日祝は別途料金が発生する

ソフトバンク光の工事を土日祝日にお願いすると、通常の工事費に加えて別途3000円かかります。
特別な事情がない限り、時間を作って平日に工事をお願いするのがおすすめです。

分割払いができるのは24,000円の工事だけ

工事費はどの工事を頼むのかによっても異なりますが、分割払いに対応しているのは、最も高い24000円の「立会い工事」のみです。
室内工事のみの場合や、立ち合い工事なし(無派遣工事)の場合は、分割払いに対応していないので注意しましょう。

支払い方法によって工事費請求の時期が違う

工事費の請求時期は、支払い方法によって異なります。
支払い方法が一括の場合、ソフトバンク光利用開始月の翌月に、利用料金と一緒に請求されます。
一方、分割払いの場合は、ソフトバンク光利用開始月の翌々月が請求月です。
また、請求が発生するタイミングによっては、支払い月がさらにその翌月になることもあるので、契約時や開通工事日程を調整する際に確認しておきましょう。

工事費が実質無料!SoftBank 光 乗り換え新規でキャッシュバック/ 割引きキャンペーンとは?

ソフトバンク光では、工事費分の24,000円を還元してもらえるキャンペーンが実施されています。
キャッシュバック方法は、以下の2つから好きな方を選択できます。
・普通為替24,000円でのキャッシュバック
・1,000円×24ケ月割引

こちらは、現在他社インターネット利用中の方が、ソフトバンク光に新規で乗り換えた場合に適用可能です。
(転用の場合は対象となりません)

詳しい条件は以下の通りです。

●ソフトバンク光の申込日から180日以内に課金開始

●ソフトバンク光申し込み時に、他社固定ブロードバンド回線、または他社モバイルブロードバンド回線を利用している方。なお、ソフトバンクが提携しているケーブルテレビのインターネット回線を利用している方は対象外です。

●課金開始月を1ケ月目として5ケ月目の末日までに、以下の条件をすべて満たしている必要があります。

・他社サービスの違約金・撤去費用金額の証明書を提出
・他社解約時の解除料・撤去工事費用が0円の場合は、他社利用明細書または解約証明書を提出
・キャンペーン対象のサービスを利用中であること
・支払い方法を登録完了していること

なお、回線工事費が9,600円または2,000円の場合は、10,000円分のキャッシュバック、または1,000円×10ヵ月の割引となる点に注意が必要です。

 

申し込み~キャンペーン適用までの流れ・手続き詳細(申請方法)

キャッシュバックを受け取るまでのステップは以下の通りです。
1:キャンペーン期間中に「ソフトバンク光」に申し込む。
2:申し込み日から180日以内に「ソフトバンク光」の契約成立。課金開始。
3:課金開始月を1ケ月目として、5ケ月目の末日までに、専用Webページから証明書をアップロード。または証明書貼付シートの返送。
4:ソフトバンクにて受付・特典適用確定。
5:課金開始月を1ケ月目として6ケ月目までに普通為替でキャッシュバック受け取り。
(または月額料金割引)

必要書類

キャンペーンの申請として、他社サービスの違約金・撤去費用金額の証明書のコピー(もしくは、他社サービスの利用が確認できる請求書)を提出する必要があります。
証明書は証明書貼付シートに貼り付けて郵送する方法と、専用Webページへアップロードする方法と2つあり、好きな方を選べます。

郵送する場合

郵送する際は、他社サービスの違約金・解約金を支払ったという証明書をコピーし、それを証明書貼付シートに貼り付けてソフトバンクへ送りましょう。
(※証明書貼付シートは契約後に自宅に送られてきます)
締め切りは課金開始月を1ケ月として、5ケ月目の末日までです。
締め切りを過ぎた場合は、特典が受けられなくなるので注意しましょう。

また、証明書のコピーは、特典適用確定日必着で、万が一提出した証明書に不備があった場合は、特典の対象外になってしまいます。
万が一のことを考えて、早めに提出しておくのがおすすめです。

アップロードする場合

証明書のコピーを取ったり郵送したりする手間を省きたい方には、証明書をアップロードする方がおすすめです。
スマホのSMSに送られてくるURLを選択すると、専用Webページが表示されますので、案内に従って、証明書をアップロードしてください。

パソコンから送る場合は、「My SoftBank」の「お客様情報>キャンペーンのお手続き状況>書類アップロード」より手続きができます。

ただ、課金開始月を1ケ月目として、5ケ月目の末日までが締め切りなので、できるだけ早めに提出しておくのがおすすめです。

アップロードした場合、SMSで約5営業日以内に書類の判定結果を知らせてもらえます。
(「My Softbank」からも確認できます)

キャンペーンの適用はいつから?

このキャンペーンで、月額割引のコースを選んだ場合、課金開始月を1ケ月目として6ケ月目までに割引が開始されます。
だいたい申し込みから半年ほどだと覚えておくといいでしょう。
普通為替でのキャッシュバックを選んだ場合も、課金開始月を1ケ月目として6ケ月目までに自宅に送付されます。
郵便為替の受け取り後は、郵便局やゆうちょ銀行で換金しましょう。

工事費の確認方法

正確な工事費用は、工事の日程調整時に直接ソフトバンク側に聞くのが1番正確です。
また、ソフトバンクのマイページ「My Softbank」からも請求時に確認することができます。
早く知りたい場合は、直接ソフトバンクに確認してみましょう。

工事費はいつからいつまで請求される?(キャンペーンを利用しない場合)

工事費の中で分割払いに対応しているのは、最も高い24,000円の「立会い工事」のみです。
「立会い工事」を分割で支払う場合、支払い回数は24回・36回・48回・60回の中から選べます。
例えば、最も回数の多い60回払いの場合は、開通翌月から請求があり、支払い完了までに5年間かかりますが、1ヶ月あたりの支払い額は400円と安いのが魅力です。
自分の状況に応じててきした支払い回数を選びましょう。

料金明細の工事費について解説

ソフトバンク光の料金明細には工事費の内訳などが書かれていますが、見方が少し難しくなっています。
そこで、ここではソフトバンク光の工事費の内訳について詳しくご紹介します。

初回に請求される費用の内訳

初回に請求される内訳は以下の通りです。
・基本使用料
・オプションサービス料
・ユニバーサルサービス料
・契約事務手数料
・工事費

各項目に、契約したプランに基づいた金額が表示されます。
転用の方の場合、工事費の部分が省かれることもあるので、記載がなくても問題ありません。

毎月請求される費用の内訳

毎月請求される明細の内訳も、初回に請求される明細とほとんど変わりません。
・基本使用料
・オプションサービス料
・ユニバーサルサービス
・工事費

初回と異なるのは、契約事務手数料がなくなることだけです。
また、工事費を一括払いしている場合は、2ヶ月目以降、明細票に工事費が記載されなくなります。

代理店のキャンペーンを利用して工事費に充てるのもおすすめ

ソフトバンク光の申し込み方法として、公式サイトから申し込む方法・店舗から申し込む方法・代理店から申し込む方法などがあります。

最もおすすめなのは代理店を通して申し込む方法です。

ソフトバンク光の正規販売代理店は、ソフトバンク光から直接依頼されているので信頼感があり、さらに他の代理店より多くの顧客を獲得するために頻繁にキャンペーンを実施しています。

また、代理店は店舗を持たないため人件費がかからず、その分をキャッシュバック額に回せます。
そのため、高額キャッシュバックを積極的に行っているところが多いのです。

まとめ

ソフトバンク光の工事費は、光ファイバーをどこまで通しているかによって異なります。
光ファイバーを外から引かなければならない場合は24,000円かかりますが、すでに室内まで光ファイバーが引いてある場合は無料です。
また、土日祝日は追加料金がかかるので、工事費を抑えたい方はできるだけ平日に工事ができるように日程を調整しましょう。

なお、ソフトバンク光を申し込む場合は代理店から申し込むのがおすすめです。
代理店はキャンペーンを頻繁に行っており、ソフトバンク公式やソフトバンクの店舗から申し込むよりもお得に契約できます。
お得に申し込みたい方は積極的にキャンペーンを利用しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました